懐かしい夏休みを思い出す『海辺の古民家』

国道134号線より海側、腰越漁港にほど近い一角は、どこか懐かしい雰囲気。夏休みに海を訪れた遠い記憶や、小津安二郎といった昭和の映画のワンシーンを思い出します。

その中でも昭和初期に建てられたこちらの古民家は、今では作られていない木枠の窓枠や欄間といった魅力に満ちた建物。

お庭もしっかりと手入れされています。

そして何よりも特筆するのは、2階からの眺望。

瓦の屋根越しに臨む海岸は、風情があります。

夏に浴衣を着て花火を見たいな。。。

是非、実際に現地をご覧ください!

種別中古戸建
所在地鎌倉市腰越2丁目
価格15,800万円
交通江ノ電『腰越駅』より徒歩4分
土地180.96m²
建物1階:81.65㎡ 2階:37.19㎡
118.84㎡
築年月1945年1月
都市計画第二種住居地域
建蔽率60%
容積率200%  
風致地区第三種風致地区
防火指定なし
取引形態仲介
備考契約不適合責任免責
都市ガス、公共下水